Tel / 078-224-5236

神戸市で不動産買取のことなら | 神戸市で不動産買取をサポートする【株式会社ラセフ】

新築・中古住宅のメリット・デメリット

新築と中古住宅を比較

新築と中古住宅のもっとも大きな違いは、言うまでもなく「新しいか古いか」です。住宅設備や建物の外観は、新築の方が圧倒的に有利。リフォームや修繕も最低10年間は不要でしょう。
ただし、一戸建ての場合は土地の価値(面積や立地)も重要な要素となります。同じお金で一戸建てを購入するのであれば、建物部分がある程度、減価償却されている中古住宅のほうが、良い条件の土地を選べるというメリットがあります。

中古住宅 + リフォーム

新築

中古住宅 + リフォーム 新築

メリット

メリット

  • 物件の選択肢が多い
  • リフォームをしても、新築より安いことが多い
  • 建物の日照・通風・眺望を見て物件を選べる
  • 近隣の環境を把握しやすい
  • 中古住宅よりも税金の優遇措置がある
  • リフォーム不要
  • 注文住宅の場合は、建物の自由度があがる
  • 建物の外装・内装が新しい

デメリット

デメリット

  • 住まれていた方によって、建物の劣化状況が変わる
  • 建て替えをする際に、セットバック(道路の境界線を後退)が必要になるかもしれない
  • 物件の設計図面や書類が無い場合もある
  • 建築時期のより、耐震性能に不安がある
  • 住みたいエリアに物件がない
  • 近隣の環境がどのように変化していくのか予想しづらい
  • 中古住宅より購入費用が高い
  • 建物完成後のイメージがつかみづらい

結論

  • 住宅設備や外観などで新しさにこだわりたいなら新築
  • 土地の広さや立地、購入費用の安さを優先するなら中古住宅